夏の花

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)

種 類
多年草 キジカクシ科 ヤブラン属
 
別 名
ヤマスゲ、リリオペ など
 
和 名
フイリヤブラン(斑入り藪蘭)
 
学 名
Liriope platyphylla cv. Variegata
 
花 期
7~9月頃
 
果 期
10~11月頃
 
由 来
葉に斑が入っていて、藪のような所に生えて、葉が蘭に似ていることから由来します
 
花言葉
隠された心、忍耐 など
 
誕生花
8月12日、9月20日、10月6日 など
 
特 徴:
・淡紫色の小さな花を穂状に咲かせ、秋には黒紫色の果実をつけます
・葉はヤブランより少し幅が広く、斑が入っているのが特徴
・日当りでもよく育つが、やや葉焼けを起こすことがあります
・花壇の縁取りなどによく利用されています
 
病害虫
ナメクジ、ハモグリバエ、炭疽病 など

手入れ
春以降に古い葉と新芽が混在して汚く見えないよう、新芽が出る前の3月前後に、古い葉を根本から切り戻しましょう

・日本、台湾、中国原産の植物で、本州・四国・九州などの山野の日蔭や半日陰で育ちます
・品種によって白花のものがあり、洋風庭園に使われることが多いです
・万葉集の中ではヤマスゲの名で詠われています