夏の花

ニチニチソウ(日々草)

ニチニチソウ

ニチニチソウの基本情報

種類

非耐寒性多年草(一年草) キョウチクトウ科 ニチニチソウ属

別名

ニチニチカ(日々花)、ビンカ など

和名

ニチニチソウ(日々草)

学名

Catharanthus roseus

英名

Madagascar Periwinkle

花期

6~10月頃
 

ニチニチソウの名前の由来

初夏から秋まで次々に新しい花を咲かせ、日々花が絶えないことから由来します

ニチニチソウの花言葉と誕生花

花言葉

楽しい思い出、友情 など

花言葉の由来

楽しい思い出」「友情」は、炎天下をものともせず、花を咲かせるニチニチソウが夏を謳歌しているように見えることから生まれた言葉だそうです

誕生花

7月8日、7月30日、8月3日 など

ニチニチソウの特徴

・赤、ピンク、白色などの花を咲かせます
・乾燥や排気ガスなどの大気汚染に対する耐性も高いですが、長雨に弱いため、外植えの場合梅雨が終わってからの方が病気になりにくいです
・花は短命で、3~5日しか持ちませんが、盛りの時期には同じ株に毎日、あとからあとから新しい花が咲き続けるため、長く楽しめます

・マダガスカル原産の植物で、日本には江戸時代頃に渡来したといわれています
・アルカロイドという毒性の強い成分が、全草に含まれているため注意が必要です
・非耐寒性多年草植物で耐寒温度は10度以上のため、日本では一年草扱いの植物に分類されています

ニチニチソウの育て方

手入れ方法

湿度が高い時期は切ったところから菌が入るせいか株が死ぬ確立が高いため、切り戻しは6月中頃までにしておいて真夏はあまり手を入れないでおきましょう

病害虫

立ち枯れ病、アブラムシ など
 

おすすめの名所

夏のディズニー行くと花壇によく植えられてるの見るよ
いろんなテーマパークでも見かけるよ
早く気軽におでかけできるようになるといいね
そうだね!早くおでかけしたいね!