テーマパーク

【岐阜】ぎふワールド・ローズガーデン

Gifu-rose1

ぎふワールド・ローズガーデンとは

ぎふワールド・ローズガーデンは岐阜県可児市にある薔薇と花々の大庭園です。
長年「花フェスタ記念公園」の名で親しまれてきましたが、公園の一番の魅力である薔薇を取り入れて、2021年10月9日に「ぎふワールド・ローズガーデン」に改名しました

80haもの広大な敷地には世界各地のバラが約6000種2万株が植えられ、他にも所狭しと様々な植物が植栽されているので、植栽を楽しみながらウォーキングで健康づくりなんていうのも魅力のひとつとなっています。

パークの所在地

<自動車>
●東海環状自動車道・可児御崇ICより約5分
●中央自動車道・多治見ICより約20分
●岐阜・大垣方面から約60分
●名古屋方面から約60分
<さつきバス(月〜金曜日のみ)>
●JR「可児駅」・名鉄「新可児駅」から12分(200円)
<Kバス(土・日曜日のみ)>
●名鉄広見線「明智駅」より約25分(300円・500円/日)
<徒歩>
●名鉄広見線「明智駅」より約25分(約2km)
 



パークの入園料

  入園料
大人 1050円
高校生未満 無料

(2021.10現在)

季節によって値段は変動します(無料〜1050円)
(春バラ、秋バラが見頃の期間は1050円のようです)
●施設の併設されている駐車場は無料です!
(2021.10現在、東駐車場は閉鎖されています)
●お得な年間パスポートは大人一律 2100円
(有効期限は、購入日より1年間有効です)
●毎週火曜日が休園日です
 

東海ガーデン王国

東海ガーデン王国とは、愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県にある11施設のことを指します。
東海地域には多様な観光庭園が集まっています。伝統的で落ち着きのある日本庭園、綺麗な草花が咲き乱れる西洋風庭園、広大な敷地の大規模公園、緻密に設計されたデザインガーデンなどコンセプトもバラエティに富んでいます。
 
コロナ禍でしばらく活動を休止していましたが、ようやく活動を再開し、各施設にお得なパンフレットを配布しています。

施設によっては入園料の割引などもあるのでぜひ活用してください。
ぎふワールド・ローズガーデンではパンフレットを持参すると、ノベルティをプレゼントされるそうです。
残念ながら気づいたのは来園後だったのでノベルティが何かは確認できませんでした。
次回はちゃんと活用しようと思います!

Gifu-rose5

パークの見所

テーマごとのローズガーデン

園内にはさまざまなテーマごとのローズガーデンがあり、写真映えするスポットも盛りだくさんです。

薔薇といったら春というイメージが強いですが、実は秋が一年で最も美しいといわれています。
気温の上昇とともに、一気に咲き進む「春バラ」に比べて「秋バラ」はゆっくりと咲くため、バラの魅力である「色」と「香り」が濃厚に感じられるのだそうです。春に比べると華やかさに劣りますが、落ち着いた感じが見事です。
 
ウェルカムガーデン

入園してまず一番最初に目にするお庭です。四季咲きの18品種約5500株のバラが植栽され、赤、ピンク、黄色など色とりどりのバラが咲き誇っています。

GIfu-rose10
 
水のコリドール

スタンダード仕立ての「アイスバーグ」と四季折々の草花が融合した優雅なお庭です。アイスバーグは、1983年に世界バラ会連合の世界バラ会議で殿堂入りした四季咲きの白バラです。

Gifu-rose2
 
フレンドシップガーデン

英国王立バラ協会との友好提携を記念して、英国レンガで造られた本格的なイングリッシュガーデンです。
また、フレンドシップガーデンの隣にあるロイヤルローズガーデンには、日本の皇室や英国を中心に各国のロイヤルファミリーゆかりのバラが植えられていて、ひときわ天高く咲いていた「クイーンエリザベス」は、世界バラ会議で殿堂入りした品種の一つで、英国のエリザベス女王に因んで名付けられただけあって気品ある姿は美しいです。

GIfu-rose11
 
ローズテラスとバラ回廊

今春オープンしたガーデンで、約9000株が円形状に四季咲きのバラが植えられています。株と株の間隔が空いているので、一輪一輪の色や形をじっくりと鑑賞できます。

Gifu-rose3

園内の様子

ぎふワールド・ローズガーデン園内の様子を5分ほどの動画にまとめていますのでご覧ください。

おすすめのフォトスポット

ローズウォール
西入場ゲート前や園内の至る所に本物のバラで作られたローズウォールは写真映え間違いなしのおすすめフォトスポットの一つです。西入場ゲート前のローズウォールが一番大きく見栄えします。
 


 
ケイトウガーデン
東の大花壇では、季節の花が植えられるエリアで、ちょうど来園した時は、ケイトウが見頃を迎えていました。約35,000株の赤と黄色の色鮮やかなケイトウが植えられてとても綺麗でした。ケイトウガーデンは10月24日までで、冬の季節の花は何が植えられるのか楽しみです。

Gifu-rose6
 
I love roseのモニュメント
ぎふワールドローズガーデンに改名され、西入場ゲート前に新しく設置されていました。色合いなど可愛くて写真映えします。

GIfu-rose9
 
お客さんの来園のピークを迎えるのは13時頃。
写真を撮るなら、比較的お客さんの少ない9時〜11時、16時〜17時がおすすめです。
 

ファミリーにおすすめスポット

ファミリーにおすすめのスポットは、今年春にオープンした県下最大級の巨大遊具です。
7本のスライダーやロッククライミングなど40種類以上の遊びのアイテムが子どもたちの好奇心や超戦心をかき立てます。
この日もたくさんの親子連れが楽しく遊んでいました。

Gifu-rose7

イベント盛りだくさん!

土岐プレミアム・アウトレットとのコラボイベント

秋のローズウィーク期間中、
(2021年10月9日(土)〜2021年11月14日(日))
ぎふワールド・ローズガーデンの入園券(半券)もしくは年間パスポートを土岐プレミアム・アウトレットのインフォメーションで提示すると、土岐プレミアム・アウトレットで2022年3月31日まで使用できるクーポンシート」(対象店舗114店)と「コンパクトミラー」がプレゼントされます。
また、三菱地所グループカードをぎふワールド・ローズガーデンの入園券購入窓口にて提示すると「入園料10%オフ」と「入浴剤(ホワイトローズの香り)」がプレゼントされます。
ぎふワールド・ローズガーデンから土岐プレミアム・アウトレットまでは車で約30分ほどです。

コスモス摘み取り体験イベント

2021年11月14日(13時〜16時)にコスモス摘み取り体験イベントが行われます。
入場者は無料でコスモスを持ち帰ることができるので、ハサミ持参で行ってみてください!

GIfu-rose12
 
他にもいろんなイベントが開催されているので、詳しくは公式HPを確認してみてください。
 

ショップ&レストラン

園内のレストランでバラにまつわるグッズやスイーツを楽しむことができます。週末にはキッチンカーもくるので食欲の秋を満たしてくれます。
また、園内のショップではバラ雑貨も豊富に取り扱っているのでお土産にぴったりです。

バラのスイーツ

一番おすすめなのは、公園シンボルの「花のタワー」最上階にある「展望レストラン フラワータワー」で食べられる「生搾り 薔薇の生チョコモンブラン」です。

見た目はもちろんですが、味も文句なしに美味しかったです。

京都の和栗専門店のように目の前で薔薇ペーストを使用したチョコを絞って、食用バラのエディブルフラワーを添えて盛り付けてくれるのも楽しみのひとつです。
一口食べるとバラの香りが口いっぱいに広がってとても華やかです。バラの香り華やかな生チョコ、滑らかなアイス、パリパリモナカ、しっとりとしたロールケーキが相性抜群でクセになる甘さです。
360度の大パノラマに囲まれて心もお腹も満たされました。

Gifu-rose4
 

バラ雑貨のお店

ローズウィークの期間限定で、アースギャラリーにバラ雑貨を販売しています。ここでしか手に入らないものもあるので、バラ好きの方必見です。
キッチングッズやアクセ、文具などさまざまな雑貨が販売されており、見るだけでも気分が上がります。
また、ここにも可愛いフォトスポットがあるのでぜひ覗いてみてください。

GIfu-rose8
 
 
バラについての記事も続編として書きたいと思っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。