珍しい植物

ロニセラ・ヒルデブランディアナ

ロニセラ・ヒルデブランディアナの基本情報

種類

つる性常緑低木 スイカズラ科 ロニセラ属

別名

和名

スイカズラ(吸葛)

学名

Lonicera hildebrandiana

英名

Lonicera hildebrandiana

花期

4~5月頃
 

ロニセラ・ヒルデブランディアナの名前の由来

ドイツの植物学者ロニッツェル(Adam Lonitzer )の名前から由来します

ロニセラ・ヒルデブランディアナの花言葉と誕生花

花言葉

ロニセラ属全般:愛の絆、友愛、献身的な愛 など
 

誕生花


 

ロニセラ・ヒルデブランディアナの特徴

・スイカズラの仲間でロニセラ属の中で最も大きな花を咲かせる珍しい種類です
・花は長さ10~15cmにもなり、咲き始めはレモン色ですが、日を追うごとに色味を増して、終わりがけの花は濃い黄色に変化します
 

・ミャンマー、タイ、中国南部原産の植物で、ロニセラ属の仲間が日本に渡来したのは明治時代だといわれています

 

ロニセラ・ヒルデブランディアナの育て方

手入れ方法

つる性植物のため、つるを絡ませられるようにネットフェンスやトレリス、支柱などを用いて育てましょう
また、新枝に花を咲かせるため、冬に強剪定を行うことでより多くの花を楽しむことができます

病害虫

病害虫に強い
 

おすすめの名所

この花は愛知県安城市にあるデンパークで見かけたよ
デンパークは珍しい品種の花をいくつも展示しているよね
普段あまり見られない花が見られるのはいいね
珍しい花の情報は公式HPでチェックするといいよ