常緑樹

ローズマリー

ローズマリーの基本情報

種類

常緑低木 シソ科 マンネンロウ属

別名

マンルソウ
マンネンロウ(万年朗・万年蝋・万年露)など

和名

メイテツコウ(迷迭香)

学名

Rosmarinus Officinalis

英名

Rosemary

花期

10~5月頃 
 

ローズマリーの名前の由来

海辺に自生すること、青色の花が海の色を連想させることからラテン語で「海のしずく」という意味の「ロスマリヌス」に由来します

ローズマリーの花言葉と誕生花

花言葉

思い出、変わらぬ愛、追憶 など
 

花言葉の由来

思い出

ローズマリーの効能に「記憶力がよくなる」というのがあることから生まれた言葉だそうです

変わらぬ愛

ローズマリーが年中青々と葉が茂ることから生まれた言葉だそうです

追憶

「永遠の象徴」とされ、花嫁の花冠や、枝で新郎新婦を祝福したり、ローズマリーの香りが遺体の腐敗を防ぐとされ、葬式の際、お棺の上に置かれたりと冠婚葬祭に用いられていることから
 
 

ローズマリーの花言葉「変わらぬ愛、貞節、誠実」は新郎新婦にピッタリだね
結婚祝いに贈るのもいいかも
好きな人や恋人に贈るのも向いているね

 

誕生花

1月13日、1月21日、4月23日
5月9日、5月27日、9月17日
9月20日、10月6日、11月15日
11月22日、12月28日 など
 

ローズマリーの特徴

・白、淡いブルー、ピンク、薄い紫色の花を咲かせます
・垂直に伸びる立ち性タイプと、地面を這うように伸びるほふく性タイプ、中間の半立性タイプがあります
 

・地中海沿岸原産の植物で、日本には江戸時代に渡来したといわれています
・抗酸化作用があることから、別名:若返りのハーブ
・スキッとした強い香りが特徴のハーブで、生葉もしくは乾燥葉を香辛料として、また精油は薬にも用いられています
・地中海沿岸地方原産の植物で、日本には江戸時代末期頃に渡来したといわれています

 

ローズマリーの育て方

手入れ方法

放っておくと木質化が進んでしまうので、重なり合う枝や風通しの悪い部分の枝は間引きましょう

病害虫

ヨトウムシ、うどんこ病 など