常緑樹

ヒイラギモクセイ(柊木犀)

ヒイラギモクセイ

種 類
常緑高木 モクセイ科 モクセイ属
 
別 名
ヒラギモクセイ など
 
和 名
ヒイラギモクセイ(柊木犀)
 
学 名
Osmanthus × fortunei
 
花 期
10月頃
 
由 来
葉はヒイラギ、花はギンモクセイに似ていることから由来します
 
花言葉
ためらい、あの日を思い出す など
 
誕生花
10月14日、11月21日
 
記念日

 
特 徴:
・秋にギンモクセイに似た芳香のある小さな白い花を咲かせます
・耐陰性、耐寒性があるため日の当たりにくい場所にも植えることができます
・ヒイラギとギンモクセイの雑種と考えられています
・葉のトゲが鋭いので家の周りに植えれば防犯になります
 
病害虫
カイガラムシ、ハダニ など
 
剪定時期
3~4月頃、11月頃

・ヒイラギ同様、葉のトゲが鋭いので、邪気を払う力があると考えられ、節分の魔除けとして焼いた鰯をヒイラギの小枝に刺して家の門戸に飾る風習があります
・風水によると、家を邪気から守るために、家の庭の表鬼門(北東)にヒイラギ、裏鬼門(南西)にナンテンを植えるとよいとされています
・クリスマスの飾りに用いられているのは、モチノキ科のセイヨウヒイラギです