秋の花

アキランサス

アキランサスの基本情報

種類

非耐寒性多年草(一年草)ヒユ科 アルテルナンセラ属

別名

アルテナンテラ
アルテルナンテラ
テランセラ など

和名

モヨウビユ(模様莧)

学名

Alternanthera ficoidea

英名

Alternanthera
Joyweeds

花期

10~11月頃
 

アキランサスの名前の由来

花のおしべのつき方から、「alterno」というラテン語の「交互につく」という意味と、「anthera」というギリシャ語で「葯」 という意味の言葉を組み合わせたことから由来します

アキランサスの花言葉と誕生花

花言葉

燃え上がった情熱、熱するとさめる恋、変身 など
 

花言葉の由来

燃え上がった情熱

赤く色づいた葉の形が燃え上がる炎のように見えることから生まれた言葉だそうです

熱するとさめる恋

秋になると葉色の赤や黄が鮮明になり、霜が降りだすと葉が黒ずんでくることから生まれた言葉だそうです

変身

季節が進むと葉の色が赤く変わることから生まれた言葉だそうです
 

誕生花

10月14日、10月18日、10月26日 など
 

アキランサスの特徴

・秋に白い小さな花を咲かせますが、地味であまり目立たないですが、葉色が赤、桃、黄、橙、紫などカラフルで美しく、主にカラーリーフプランツとして、花壇の縁取りやコンテナの寄せ植えなどに多く利用されています
・夏に盛んに成長し、高温多湿にも強く育てやすい植物です
 

・ブラジル原産の植物で、日本には時代に渡来したといわれています
・アルテルナンセラ属の植物は熱帯から亜熱帯に約200種が分布しています
・非耐寒性多年草植物で耐寒温度は10度以上のため、日本では一年草扱いの植物に分類されています

 

アキランサスの育て方

手入れ方法

土の表面が乾いてから水やりをしましょう

病害虫

病害虫に強い