落葉樹

シモクレン(紫木蓮)

シモクレン

シモクレンの基本情報

種類

落葉高木 モクレン科 モクレン属

別名

モクレンゲ(木蓮華)
ハネズ(棠棣)など

和名

モクレン(木蓮、木蘭)

学名

Magnolia liliiflora

英名

Woody orchid

花期

3~4月頃
 

果期

10月頃

シモクレンの名前の由来

紫色の蓮の花に似ていることから由来します

シモクレンの花言葉と誕生花

花言葉

自然への愛、崇高、威厳 など
 

花言葉の由来

自然への愛

春に一斉に咲き揃う姿は圧巻で、まるで芽吹きの季節の訪れに換気しているような様子から生まれた言葉だそうです

崇高・威厳

力強い花姿や、ハスが仏教において神聖な花であることから生まれた言葉だそうです
 

誕生花

3月21日、7月4日、7月20日 など
 
(モクレン全般)
1月8日、2月19日、3月17日
3月21日、4月3日、4月15日
4月24日、5月7日、7月4日 など
 

記念日

卒業祝い
 

シモクレンの特徴

・通常モクレンといえば紫色の花を咲かせるシモクレンを指します
・花つきがよく、樹勢も強く、樹高が高いためほとんどが庭木として栽培されていますが、大きめの鉢に植えれば、ベランダなどでも楽しめます
・モクレンは日本の気候に合っているため育てやすいです
 

・中国原産の植物で、日本には平安時代中期に編纂された「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」にもその名が見られるように、古い時代に渡来したといわれています
・蕾を薬用にしたり、花弁を食用にし、種子からは油をしぼるといった利用もあります
・卒業式をイメージさせる花として、卒業祝いの記念樹によく利用されています

 

シモクレンの育て方

手入れ方法

花後すぐの5月頃や、落葉期である11~2月頃に、新梢は花の下のほうから伸びてくるため、花の咲いた短枝は残すように剪定しましょう

病害虫

カミキリムシ など