夏の花

モンステラ

モンステラの基本情報

種類

多年草 サトイモ科 ホウライショウ属

別名

ペッサム
デンシンラン(電信蘭)など

和名

ホウライショウ(鳳莱蕉)

学名

Monstera

英名

Swiss Cheeze Plant

花期

5~9月頃 

果期


開花後に結実することがあります

モンステラの名前の由来

変わった形の葉からラテン語で怪物や奇怪を意味する「Monstrum」から由来します
 

ジャングルでモンステラの葉がモンスターに見えたのかなぁ

モンステラの花言葉と誕生花

花言葉

嬉しい便り、壮大な計画、深い関係 など
 

花言葉の由来

嬉しい便り・壮大な計画・深い関係

ハワイでモンステラの切れ込みから差し込む光を「希望の光」と考えていることから生まれた言葉だそうです
 

誕生花

9月30日、12月15日
12月21日、12月22日 など
 

 

モンステラの特徴

・つる性の植物で、岩や壁、ほかの植物にひっついて育ちます
・サトイモ科に分類されるアンスリウムと同じような白色で棒状の花を咲かせます
・花が咲くとまれに実をつけ、約1年経つと完熟し、食べることができます
 

・熱帯アメリカ原産の植物で、日本には明治時代に渡来したといわれています
・果実は食用になり、パイナップルとバナナを混ぜたような味ですが、他のサトイモ科同様にシュウ酸カルシウムを含んでいるためよく完熟させないと食べられないうえ、完熟させても口内が痛くなることがあるそうです
・モンステラは風水で邪気退散や金運アップの効果があり、南の方角に置くと良いとされています

 

モンステラの育て方

手入れ方法

室内で育てる場合、夏場はたっぷりと水やりをし、冬場は完全に土の表面が乾いてから水やりをしましょう
葉水を行うとホコリ取りやハダニやアブラムシの予防にもつながります

病害虫

ハダニ、アブラムシ、黒すす病 など