常緑樹

サンユウカ(三友花)

サンユウカ

種 類
熱帯性常緑低木 キョウチクトウ科 サンユウカ属
 
別 名
アダムスアップル、タベルナエモンタナ・ディバリカタ
 
和 名
サンユウカ(三友花)
 
学 名
Tabernaemontana divaricata
 
花 期
6~10月頃
 
果 期
花後
 
由 来
名前の由来はよくわかっていません
 
花言葉
白い天使、清楚、温故知新 など
 
誕生花
7月19日
 
特 徴:
・クチナシに似た白い花は、夜から朝方にかけてほんのりと甘い香りを放ち、一重咲きと八重咲きの花があります
・花後につける果実は赤色染料にもなります
・インドでは庭木とされ、民間薬や香料としても利用されています
・熱帯性の植物で、耐寒性がないため、冬は室内で育てましょう
 
病害虫
アブラムシ、カイガラムシ など
 
手入れ
伸び過ぎれば、生育期に適宜切り戻しましょう
この時、切り口から白い乳液が出て、この液に触れるとかぶれることがあるので注意しましょう
 

・インド原産の植物で、日本には明治初期に渡来したといわれています
・属名のタベルナエモンタナは、ドイツ人の植物学者:Jacobus Theodorus Tabernaemontanusから由来します
・キョウチクトウ科のため、有毒性植物ですが、薬用としても使用されています

この写真は愛知県安城市のデンパークで撮ったものだよ
八重咲きで斑入りってなかなか珍しい品種らいいよ