常緑樹

ルリヤナギ(瑠璃柳)

ルリヤナギ

種 類
常緑低木 ナス科 ソラヌム属
 
別 名
リュウキュウヤナギ(琉球柳)、ハナヤナギ など
 
和 名
ルリヤナギ(瑠璃柳)
 
学 名
Solanum melanoxylon
 
花 期
7~9月頃
 
果 期
9月頃
 
由 来
花の色(瑠璃色)と枝葉がヤナギに似ていることから由来します
 
花言葉
恋の痛み、胸の痛み、叙情 など
 
花言葉の由来
恋の痛み」「胸の痛み」は、学名が「鎮痛」を意味する言葉が語源となったことから生まれた言葉だそうです
 
誕生花
7月30日
 
記念日

 
特 徴:
・ナス科の植物で、花の付き方が違いますが、花の形はナスに似て薄紫色の小さなを花を咲かせます
・花後に黒い実をつけますが、暖地でないと結実しません
・花色は名前の瑠璃色というほどの派手な色ではありませんが、落ち着いた色合いが魅力的です
 
病害虫
コナジラミ
 
手入れ
・花後(9月頃~)に次々と新しい芽を出すのでかなり短く切っても大丈夫です
・ナス科の植物で連作障害が出やすい性質のため、以前にナス科の植物を植えた場所には植えないようにしましょう

・南アメリカ原産の植物で、日本には江戸時代に渡来したといわれています
・南米原産の植物で、沖縄から広まったことから、別名:リュウキュウヤナギ
・ヤナギの名前が付きますが、ヤナギの仲間ではありません

和洋問わず様々な用途に使えるので、ガーデニングだけでなく、茶花にも人気の植物なんだよ
花だけじゃなくて実も花材によく使われてるよ