夏の花

ウツボカズラ(靫蔓)

ウツボカズラ

種 類
食虫植物 ウツボカズラ科 ウツボカズラ属
 
別 名
ネペンテス、ヒョウタンウツボカズラ(瓢箪靫蔓)など
 
和 名
ウツボカズラ(靫蔓)
 
学 名
Nepenthaceae
 
花 期
6~7月頃
 
由 来
補虫器となる袋を矢を入れる容器である靫に見立てたことから由来します
 
花言葉
からみつく視線、甘い罠、油断 など
 
誕生花
7月10日、8月24日
 
特 徴:
・ウツボカズラのつぼ型の部分は捕虫器といって、葉が変化したもので、捕虫袋のフタの部分から甘い香りを放ち、虫を中に誘い込んで捕らえます
・夏に花びらが4枚の小さな黄色い花をたくさん咲かせます
・ウツボカズラは代表的な食虫植物で、ボルネオ、スマトラを中心に熱帯アジア、マダガスカル、セーシェル諸島、ソロモン諸島、ニューカレドニア、オーストラリア北部に現在約90種類が自生しています
 
病害虫
アブラムシ、カイガラムシ など
 
手入れ
気温が高くなってくる6~8月頃にだらーんと伸びて来たら剪定をしましょう
 

・東南アジアやオーストラリアなどが原産の植物で、日本には明治時代に渡来したといわれています
・捕虫袋の下部がややふくらんでいる見た目から、別名:ヒョウタンウツボカズラ
・ポケットモンスターのウツドンは、ウツボカズラをイメージしたポケモンで、本物のウツボカズラによく似ています

夏に鬱陶しいコバエ取り用に育ててみようかな
逆に甘い香りに誘われてコバエ増えるんじゃ?
えー?!どうなんだろう!
じゃぁコバエ取りホイホイを横に置いてみたら効果倍増じゃない?
それいいかも?!