秋の花

ススキ(薄)

ススキ

種 類
多年草 イネ科 ススキ属
 
別 名
オバナ(尾花)
カヤ(茅)など
 
和 名
ススキ(薄)
 
学 名
Miscanthus sinensis
 
英 名
Japanese silver grass
 
花 期
8~10月頃
 
由 来
「スス」はすくすくまっすぐに立つ姿、「キ」は草や茎という意味から由来します
 
花言葉
活力、心が通じる、秋風に想いをのせて など
 
花言葉の由来
「活力」は、すくすく伸びて太く頑丈な茎をもち、葉は強く握ると手を切ることもあるほど強靭、そんなススキの生命力から生まれた言葉だそうです
 
誕生花
9月15日、9月16日、10月22日 など
 
特 徴:
・ススキは、穂の部分が花です
・花粉症のアレルゲン植物の一つなので、イネ科植物のアレルギーをもち、秋に症状が出る人は栽培を避けることをおすすめします
・非常に丈夫な植物のため、少しぐらい条件の悪い場所でも育つが、大きくなるため狭い庭には向きません
 
病害虫
病害虫に強い
 
手入れ
やせ地でも育つため肥料を与えなくても大丈夫です
よく育ち、広がっていくのでこまめに刈りましょう

・日本、中国などの東アジア原産の植物で、日本全国に自生しています
・フワフワした羽毛状の穂が風に揺れる姿が、動物の尾のように見えることから、別名:オバナ
・ススキは万葉集にも詠われている秋の七草のひとつです
ハギ、ススキ、キキョウナデシコ、クズ、フジバカマオミナエシ
※春の七草は、食べて無病息災を願うのに対し、秋の七草は、眺めて楽しむ草花で、万葉集の「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」が元になっており、朝顔はキキョウのことだといわれています
・ススキは秋を象徴する植物として日本文化の中で重要な植物で、十五夜の飾り、花鳥画や、蒔絵などの秋草紋様、ススキミミズクなどの郷土玩具などに見られます
・たわわに実った稲穂に似ていることから、秋の十五夜のお月見にはだんごと一緒にススキを供え、作物がたくさんとれるように願う風習があります

もうすぐ十五夜だね
十五夜っていつなの?
今年は9月21日だよ
お月見 縁側でススキ飾ってお団子食べようね
いいね(^^)b